年末年始に読みたい「こたつ文庫」といせ辰の文庫カバー

本好きにとって年末年始は読書が進むうれしい時間。

また、ふだんあまり本を手に取らない方も、

まとまった時間に本でも読もうかな?と

思っていただくタイミングのようです。

 

店頭では年末年始の気分にふさわしい

「冬をテーマにした本」や、とにかく笑って明るい気持ちになれる本、

なつかしい日本を感じる本や、2017の干支である「とり」が主人公の物語、

それから紅白歌合戦や箱根駅伝を観る前に読みたい本……

いろいろと幅広くそろえました。

ぜひぜひ売場で手に取ってみてください。

 

さらにさらに、年末年始限定で

「こたつ文庫」を含む2冊以上お買い上げのお客様に

プレゼントをご用意しました。

千駄木にある江戸千代紙の老舗、「いせ辰」の

木版手刷の千代紙をブックカバーにしてお渡しいたします。

 

いせ辰の千代紙、種類も多くて、見てるだけでうっとり。

独特のぬくもりがありながらも洗練されたデザインで

使うあてもないのに何枚も欲しくなってしまいます。

ぽってりした手ざわりが、ブックカバーになると

またここちよくて。

和な感じがお正月っぽくもあるので

お気に入りの文庫にまいて、プレゼントするのもいいかも。

 

柄は今あるものからお好きなものをお選びいただけます。

選ぶ時間がまた……楽しいですよ!

先着20名様ほどへのプレゼントとなっておりますので

お早めに~