通園通学バッグの本、タイプ別おすすめ

お客さまから問い合わせの多かった「通園通学グッズ」の本

いろいろ出そろいました!

こういう、いわゆる目的買いの本って、ネットでも買えそうな気が

するのですが実はその真逆なのですね。

ネットの表紙画像だけでは、使いやすいのか、趣味が合うのか、

作ってみたいと思うものが載っているのかどうかがまったくわからない。

直接お店でいくつか見比べてから買いたい、と思ってくださる

お客さまが多いみたいです。

なのでわたくしが「表紙イケてる感、出版社名、発行年」などを元に

これはよさそうと思うものを仕入れ、さらにそこから中身を見て

「これはちょっとちがう」というものを取り下げたうえで

今、本屋に出回っている本のBEST7と思われるものを店頭に並べています!

ただ7冊もあるとやっぱりどれがいいのか迷ってしまうと思いますので

店頭では1冊ずつの特徴をPOPで解説しております。

どれも似たような本に見えますが、よく見ていくとそれぞれに

特徴があるものです。

 

まずは、パン屋の本屋に来てくださるお客さんに向いてそう!と思うのが

こちら、「こどもに作ってあげたいもの」(日本ヴォーグ社)です。

とにかくこの本は、こどものグッズにありがちな

かわいい装飾一切なし!いさぎよいほどにシンプルで上品です。

これはセンスよい大人の方にウケそう……。

SHIPSとかに売っててもおかしくないのでは?というくらいの

仕上がりです(いや、SHIPSはちょっと言い過ぎかもしれませんが…。)

普段の服装もベーシックなものがお好みでしたら、こちらがよいかも。

 

逆に、こんな手作りバッグなんて作るのは最初で最後なのだから!

思いっきりかわいくてこどもらしいものを作ってみたい!!

と考えている方にオススメなのが

 

こちらです!

「はじめてでもちゃんと作れる通園通学BOOK」(日本ヴォーグ社)。

動物の顔がどーんとついたキルティングのバッグや

大きいアップリケ、フリル、ネコ型ポケットなど

お子さんがよろこんでくれそうなこどもらしい工夫がいっぱい。

ディズニーのキャラクター生地をうまく使ったデザインの提案もあって

王道かつハイクオリティーな1冊です。

 

そして!もう表紙のバッグからして

「かわいい!センスいい!」と一目惚れしてしまったのがこちら。

「『これ、作って!』がきっと見つかる 通園・通学バッグとこもの」

(成美堂出版)です。

上でご紹介した2冊より若干難易度高めですが

気合いをいれてちょっとだけがんばっていただければ、

かならずや「うわ、かわいい~!」と声を上げてしまうような

すてきなバッグが完成するはず!

ひととはちょっと違う個性派・アート系な方におすすめです!

 

・・・・・・

と、いろいろ勝手を申しましたが

本当にどの本に載っているものもかわいい!

そしてどの本も、ほんとうにはじめての人がわかりやすく作れるように

さまざまな工夫をこらして作り方を説明しています。

どれも自信をもっておすすめしていますので

店頭でぱらぱらと見ていただき、直感で気に入ったものを

買っていただくのがいちばんよいかと思います!

 

日暮里は何しろ布の宝庫!

どんな色柄でも、たいていのものは繊維街のお店で手に入ります。

パン屋の本屋で本を買ってからお散歩がてら繊維街に繰り出すのも、

作るグッズのイメージや必要な布の量などわかって

便利でよいかもしれませんね。