ディズニーリゾートに行くのがもっと楽しくなる本集めました

みんな大好き東京ディズニーリゾート!

予備知識なしで行っても十分楽しめますが、

自分の好きなジャンルの「予習」をしてから行ったら

さらなる発見のある楽しい一日になるのではないでしょうか。

 

今回のフェアでは、人気アトラクションのビジュアル絵本や

アトラクションの原作となった物語の絵本を中心に

お子さんのワクワクを高める本をたくさんご用意しました。

が、それとは別に、さらに大人が読みたい

ちょっとマニアックな本もいろいろご用意しましたので

その中から少しだけご紹介したいと思います。

・・・・・

①「海底二万里 上・下」

ジュール・ヴェルヌ作/村松潔 訳/新潮文庫/上630円 下710円

ディズニーシーの人気アトラクション、

海底2万マイルの原作本。なんと150年も前に書かれています。

同じようなタイトルの本があちこちから出ていますが、

「表紙がかっこいい」(写真からはわかりづらいのですが…)

「当時の挿絵をすべて収録」

「原文に忠実かつ読みやすい新訳版」

以上の理由でこちらの新潮文庫版をおすすめします!

海の冒険物がお好きな方はぜひぜひ!

出てくる生きものをネットで検索しながら、なんて読み方も

楽しそうです。

 

②「東京ディズニーリゾート植物ガイド」

畑山信也/講談社/1900円

最初にこの本のことを知ったときは

「え……こんな地味な本、買う人いる?」と思ったのですが

実際に本を見てみるとこれがなかなか面白い!

ふだん遊びにいくときにはそこまで注目したことがなかったのですが

実はアトラクションやショーと同じくらい植栽にも力が入っているので

珍しい植物が湯水のごとく(?)存在しているようなんです。

ディズニーで写真を撮るのが趣味、という方にも

人工の建造物と自然の草花を合わせた構図は上級者っぽくておすすめ。

ぜひぜひ見ていただきたい1冊です。

 

「ディズニーテーマパーク ポスターコレクション」

ウォルト・ディズニー・イマジニアリング編/講談社/3800円

今回の個人的大本命です。

かっこいい……かっこいいとしかいいようがない。

みなさんは駅からパークまでの道の途中やワールドバザールあたりに

飾られているポスターの存在にお気づきでしたでしょうか?

開園当初に使用されていたミッドセンチュリー風のレトロなものから

今っぽいデザインの最新のものまで、どれも非常にいいのです。

東京以外のディズニーテーマパークのものも含めて

名ポスターを一挙に集めた貴重な資料集。

コレクション的に持っていたいのはもちろんのこと、

ずっと見ていると「心に残るよいデザインとは何だろう」と

デザイン素人の自分でさえも、つい思いを馳せてしまいます。

必見の1冊です。ぜひ店頭で!

・・・・・

他にもいろいろ入荷。定番のガイドブックやいわゆる裏技本もあります。

どうぞご来店ください。お待ちしております。