大人の読書感想文、募集中です

以前よりTwitterや店頭でお知らせしていた件です。

 

ある夏の日のこと。

「昔は読書感想文の宿題っていやだったなあ。

本を読むのは好きだったけど…。今ならもっと自由に書けるかなあ」

などとぼんやり考えていたところに

ご近所・駒込の「BOOKS青いカバ」小国さんから

なんと偶然「いっしょに読書感想文書きませんか?」とのお誘いが。

 

同じくご近所・根津の「ひるねこBOOKS」小張さんも入れて三人で

読書感想文をそれぞれ書きまして、

「カバ・ねこ・パン 夏の読書感想文」という冊子を作成し、

ご希望のお客様に配布しました。

書くことは楽しかったのですが、しかし三人が実際に書いてみた感想は

「これって感想文というより書評では……?」というもの。

私たち、書店員をやっているとどうしてもそんな書きグセが

ついてしまっているのか、

どうにも器用にまとまった「本のオススメ文」になってしまうようです。

 

「もっとアナーキーな感想文を書きたい!」(小国)

というわけで、三人ともこの夏休み中にもう一度チャレンジしてみよう

という話になりました。

そして、ならば「私だって書いてみたい!」というお客さんにも

書いていただいて、ちょっとした文集を作ったら

すごく楽しいんじゃないかな~、というわけで、

大人のみなさんからの読書感想文を募集しております!!

 

・・・・・・

応募要項(?)は以下の通りです。

 

応募資格:大人の方!そして3店舗のどこかのお客さまである方。

字数:原稿用紙約3枚分(1200字)

応募方法:3人のうちの誰かにメールか何かでお送りください。

本のジャンルは自由です。

いただいた原稿は手作り感満載の文集にして

店頭で配布する予定です。

webでの公開予定はありません。

そして締め切りは!!もちろん8/31必着です。

夏休みの宿題感を味わうことがもうひとつの目的でもありますので。

 

9/1以降にお送りになる方は、

「8/31に完成してたんですけど、家にiPhoneを置いてきてしまって」

「データを送ろうとしたのですがWi-Fiが見つからなくて」

など、ぜひ必死の言い訳を添えて送っていただければと思います。

 

・・・・・・

と、締め切りまで1週間をきったわけですが、

なんと、本日お客さまからの感想文第一号が届きました。

とてもフレッシュで、ご自身の心の動きを丁寧に書かれていて

「おお!これこそがすばらしい大人の感想文だ!!」と思わされる

素敵な感想文でした。

でも、【うまい・へた】を気にすることなく、

軽い気持ちで参加していただければと思います。

 

ちなみに昨日(8/25)カバ・ねこのお二人に

それとなく探りを入れましたがお二人とも案の定

まだ何の本で書くか決めてもいないということ。

かなりリアルに「やばい!宿題終わらない!どうしよう!」」

の心境を味わうことに成功しているみたいです。

 

そういう私も、もちろん、当たり前のように、

全然どの本で書くか決まっていません!はああ~。

かと言ってこれから読む本で書こうというのも危険すぎるし……。

ああ、やばい。でもなんだか楽しい。

 

 

というわけで、ご応募お待ちしております。