みなさまからいただいた感想文、文集を配布中です

以前こちらでもお伝えした「読書感想文募集」の件ですが

文集が完成しました!

 

・・・・・・

 

「募集します!」と宣言したのに

どなたも参加してくださらなかったらどうしよう……という

不安も最初はあったのですが、

なんと3店舗合わせ12名のお客さまから

読書感想文を受け取りました。

手書きで原稿用紙に書いてくださった方まで!

そしてみなさんそれぞれに

「8月31日に間に合わない~どうしよう~~」と

いつかの地獄を再度味わうというもうひとつの目的(?)も

満喫してくださったようです。

 

というか、主催者の我々3人も

しめきり1週間を切っている状態で

「まだ何の本で書くかも決めてない……やばい……」

とグループチャットで報告し合い、

あげく8月31日に完成していたのは

ひるねこBOOKSさんだけだった、というのは

ここだけの話です。

 

さてさて、そんなふうにいただいたみなさんの渾身の読書感想文、

目を通させていただきましたが、

どれも個性的で

本を読んでワクワクしたことや深く思索されていることなどが

ぐっと伝わるような素敵な文章ばかり。

しかも感想文らしく、みなさんそれぞれに

「自分」がきちんと登場しているのがすごいなあと。

読むたびに、

読書っていいなあ、あ、この本読んでみたいな、

こんなふうに感じたんだな、素敵だな、と

ひしひしと感じました!

 

もともとカバ・ねこ・パンの3人の店主が

合同で冊子を作った際に

「こんなのは感想文じゃない!」とリベンジしたい気持ちで

始まった企画ですが、結果的に、こうして

みなさんの素敵な読書感想文に触れられたことが

本当によかったです。

 

自分の感想文については

前よりはちょっとは「自分」を書くことができたかな~と

思いつつも、まだまだだなあ、と思います。

自分が書きたい文章を書けるようになるには、

やはり日々の積み重ねが必要なのでしょうね。

小国さん、小張さんはどうだったのかな。

今度きいてみよう……。

 

 

・・・・・・

 

 

各店舗30部限定でご希望のお客さまにお配りしています。

それぞれの力作を楽しんでいただければ幸いです。

読んでいただき、「自分も書いてみようかなあ」と思っていただけたら

最高にうれしいですね。

もちろん「書くのは苦手だけど読んでみたい」という方も

歓迎ですので、ぜひお店で受け取ってください。

よろしくお願いします。